2012年7月3日火曜日





☆弁護士紹介

弁護士 野田 新一朗三重弁護士会所属)

2010 弁護士登録

2012 勤務弁護士を経て伊勢志摩法律事務所を設立




  





弁護士 野田 久美子(三重弁護士会所属)

2010 弁護士登録

2013 勤務弁護士、任期付公務員弁護士を経て、
     伊勢志摩法律事務所入所



<事務所理念>

1.依頼者とのコミュニケーションを最重要視します

  弁護士に対しては、堅い、敷居が高い、何を言っているのかよくわからない、という一般的イメージがあるものと思われます。
  当事務所では、依頼者とのコミュニケーションを最重要視し、そのようなイメージの払拭に努めます。
  また、血の通った事件の解決のためには、相談事項に対する単純な法の適用のみを考えるのではなく、相談の背後にある人間的、
  情緒的な問題を理解することが大事です。
  そのためにも、依頼者とのコミュニケーションを第一に考えます。


2.熱心な調査・資料収集、継続的自己研鑽に取り組みます

  およそ法律の世界では、法律の適用により機械的に明確な答えが導かれることはありません。
  そのため、弁護士の業務は、結果が確実に保証されるものではないという特徴があります。
  事件ごとの判例・文献等の調査、専門的事項の研究、継続的な勉強による幅広い知識の習得に努め、結果に対する可能性を限りなく
  高めることに取り組みます。

0 件のコメント:

コメントを投稿